2017年12月31日

来年もよろしくお願いします

神々の指紋上下巻、度々読み返しております🎵

特記すべき追記はないんですが、益々古代遺跡が記す人類への警告の重要性を認識した次第です。

書物に従うとあまり低地には住まない、危険を常に意識する(政治経済も)ことが大事ですね。

マスコミも勿論(天変地変レベルの大災害の危険を認識しても)書きそうがないでしょうし、自分のアンテナのみが命です。

覚悟したとはいえ、まだ十年は現在の状況が持って欲しいものですが。

来年も皆様のご訪問が叶いますよう、天地の神々に祈るばかりです。



ブログランキングに参加しています。よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキングならblogram


ありがとうございます。

posted by 月詠にゃんたろう at 23:02| Comment(0) | 日常雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

神々の指紋(下)/グラハム・ハンコック

神々の指紋 下 (角川文庫) -
神々の指紋 下 (角川文庫) -
Kindle版になっておりますが、実際に購入したのは単行本です^^v

Amazonレビューでは、内容の賛同より否定的な見解が多いですね。
伝統的な歴史(過去から現在まで多層でなく一直線の歴史)を重んずる意識では、さぞかし読みづらいことと痛感します。

以前、『急変する地球』というサイトを訪問し、その後もたびたび閲覧しておりました。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nshzwtc/
自然派の論説や宗教がかっている部分はありますが、極移動に関してはかなり詳しく述べられています。
地学・天文に詳しくないので省きますが、『神々の指紋』と類似する箇所も大いにありそうな気がします。

後でも追記しますが、本書は、エジプトを中心とする古代遺跡への憧憬を増して行くノンフィクション(小説だと抗議する諸氏はそれでも可)ではと思っております。上巻では(下巻途中から戻って読むことをお薦め)南米の遺跡に関する記述もあって、歴史ファンは空想の羽根を拡げて楽しめます^^b

信ずるか否かは個人の自由ですが、何世代にも及ぶ古代の叡智が結集して地球全体の危機を後世に伝えているのは真実と確信してます。
ネタバレにならぬよう、詳細は秘します⛵(←ヒント、砂漠なのに本格的な外洋船の遺跡)
日本は、火山噴火や度重なる地震、複合的な大震災を経験しているので、世界に先立って古代に学び、災厄を最小限に留められるよう指導できるかもしれません。

東京五輪が終了後、直ぐに準備しないと間に合わないかも🌀
(なにごともない天地の有様が一番ですが、用心が肝心。)




ブログランキングに参加しています。よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキングならblogram


ありがとうございます。

posted by 月詠にゃんたろう at 18:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

神々の指紋(上)/グラハム・ハンコック 追記あり

神々の指紋 上 (角川文庫) -
神々の指紋 上 (角川文庫) -

一度押し入れに仕舞った『神々の指紋』(旧版)、上下泣き別れになり、見つかった上巻のみ読書中。
下巻は何処に…

作者の(スピ系)個性があまり好きではない故に長期放置した経緯があるので、かなりの取っ付き難さはあるが、休日や寝る前の読み物としては結構面白い。

ラストの恐るべき「歳差運動」を先読み後、中核部分が読み進めませんがA^_^; 専らピリ・レイスの南極古代地図(文字より図面が楽なので)を追ってます。

いつもながらの遅読で失礼しますが、進行後に纏めて読書記録を追記する予定です。



ブログランキングに参加しています。よろしければ一日一回のクリックをお願いしますm(__)m

にほんブログ村 本ブログへ ブログランキングならblogram


ありがとうございます。


神々の指紋(下)を入手しました
Amazon
届いて初めて気づいた単行本でしたが、文庫本と同じ内容とは思えない、装丁・印刷・紙質の充実振りです。
これから、下巻も読み進めてゆきます
posted by 月詠にゃんたろう at 17:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする